訪問看護師

血液内科の看護師の役割について。どんな事を勉強すれば良いの?

血液内科病棟には、白血病、悪性リンパ種、貧血、骨髄腫など、血液や骨髄、
リンパ線などに起こる病気の患者さんが入院しています。
総合病院の病棟には、無菌室などの設備が整っているので、クリニックや診療所から転院してくる患者さんも沢山いるんですよ。
だから、大きな病院の場合は、重症度が高いですよね。
病棟では、無菌室での操作、いろいろな検査、放射線治療、抗がん剤などの化学治療が行われていますね。

 

血液内科というのは、特殊な検査が多いんです。
だから、スムーズに検査を行う事ができるように、治療の目的や補助の仕方など、全ての検査について覚える必要がありますね。
看護師の役割は、検査の補助や治療だけではないんですよ。
血液疾患というのは、予後が悪い事が多くて、精神的な不安を抱えている方が沢山います。
治療や検査は辛い事が多く、精神的な負担が大きいんです。
だから、患者さんへ説明などを行って、不安を軽減してあげるのも看護師の役割なんですよ。
それに、放射線治療や抗がん剤、化学療法というのは、必ずと言っていいほど辛い副作用がありますよね。
患者さんの苦痛を和らげてあげる為にも、副作用についての知識をしっかり理解して、
患者さんにちゃんと説明してあげる必要もあるんですよ。

 

血液内科病棟には、重症度が高い方が多く、辛い治療や検査に頑張って耐えている方が沢山います。
疾患について正しく理解して、精神的なケアをする事が大切ですよね。
看護師というのは、常に患者さんの側にいる存在です。
心のケアをする事で、患者さんの不安がかなり軽減されるものなんです。
気分が楽になる事で、それがより良い治療にも繋がりますよね。
心のケアが出来るという事は、看護師にとってはとても大切な事だと思いますね。